ハードオフでジャンク品のエレキベースを買ったのでレビューしてみる

ハードオフでジャンク品のエレキベースを買ったのでレビューしてみる

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%82%af%e5%93%81%e3%81%ae%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b9

ちょっとした事情があって、ハードオフでジャンク品になっていたエレキベースを買いました。

ハードオフで楽器を買ったのは初めてだったので、「どうなのかなぁ?」と思っていたのですが、これがなかなか使えるヤツでした。(笑)

そんなジャンク品のエレキベースについてレビューしてみます。

<スポンサーリンク>

ハードオフのジャンク品

今回イメージしていた条件はこちら。

  • ベースの形をしていればいい
  • ブランドなんてどこでもいい
  • なるべく普通の形の方がいい(ジャズべ、プレべみたいな)
  • 部品が欠品してない
  • 弦が張ってある
  • とにかく安い(絶対に5000円以下)

まぁ、とにかくエレキベースの形をしててそこに存在していれば何でもよかったんです。
”弦が張ってある”とか”部品に欠品がない”なんかは結構重要だったかも。

せっかく安いの買っても、この辺買い足したら本体代超えちゃうかもしれませんからね。(苦笑)
そんな感じで安いベースを探してたので、ハードオフのジャンク品を狙いにいったんです。

結局買ったのは・・・

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%82%af%e5%93%81%e3%81%ae%e3%82%a8%e3%83%ac%e3%82%ad%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b9

フォトジェニックのジャズべ税込み3240円也でした。
どうやらハードオフではジャンク品のベースは、最低価格3000円(+税)みたいです。

どこに行ってもこれより安いものはありませんでした。
他にはセルダー、レジェンドなど低価格ブランドのエレキベースがたくさんありましたね。

どんなベースがジャンク扱い?

%e3%82%a8%e3%83%ac%e3%82%ad%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%81%ae%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%b8

どんな状態だとジャンク扱いになるのかはわかりませんが、いろいろ見ているうちに何となく気づくことがありました。

  • 超汚れてる
  • 音が出ない
  • 音が出てもガリがひどい
  • 部品に欠品がある
  • ネックの反りが激しいうえにトラストロットは効かない

多分このどれかに当てはまるとジャンク扱いになります。
今回買ったのは”超汚れてる”に分類されたのだと思います。

家に帰っていろいろ触りましたが、音は出るしコントロールもすべて効きました。
(ただ、メチャクチャ汚れてたので、キレイに磨きはしましたが。)

弾いてみたけど・・・

まったく悪くない!(笑)

音に迫力が無いけど、それは多分ベース自体の能力でしょう。
というか、普通に音が出て、普通に弾けるだけで嬉しかったです。

超汚れてる!って理由のジャンク品は狙い目かもしれませんよ。
(ホントにそんな基準があるかはわかりませんが・・・。)

なんで買ったのか

最後になんで新しいベースを探していたのかという理由を。
実はベースは元々一本持ってます。

今回は二本目のベースを探していたわけです。
持っていたベースはこちら。

IMG_4885

ミュージックマンのスティングレイです。

もちろんフォトジェニックのベースよりも高価です。
じゃあなんでジャンク品なんか買うのよ?なんですが・・・

IMG_4886

これ、フレットレス。

ベーシストでもないのにフレットレス。

初めて買ったベースがフレットレス・・・。

関連記事:【ミュージックマン スティングレイ】なぜかフレットレス買っちゃった・・・

正直、カッコいいからという理由だけで選びました。
弾けるわけないっすよね。(苦笑)

そんな訳で、一緒にスタジオで遊んでる仲間に「お前のベース音痴過ぎるぞ!」と言われ続けてたんです・・・。(泣)

そうだ。

先ほど書き忘れてましたが、フレットがついている事!、これが一番のポイントだったんです。

<スポンサーリンク>