HYのギタリスト宮里悠平さんのギターや使用機材について

HYのギタリスト宮里悠平さんのギターや使用機材について

HY DIARYなんていうサイト名で、ギターや音楽についてのブログを書いてしまっているため、沖縄のロックバンドHYファンの方が迷い込んでこられます。

”HY ギター”などのキーワードで来られた方は「なんだよ!お前誰だ!」とお怒りのことでしょう。

本当にすみません。

申し訳ないので、そのような方が調べているであろう内容を記しておきます。

これで許してください。

<スポンサーリンク>

ギタリスト宮里悠平さんの使用ギター

その時の趣向によって、様々なギターに持ち替えるタイプのギタリストみたいですね。
レスポールを持っている写真をよく見かけますが、最近はストラトがお気に入りなのでしょうか?

レコーディングで使ったヴィンテージの61年製フェンダーストラトキャスターをライブでも使うようなコメントもありましたので、今のメインギターなのでしょう。

61年製はブライトでコード感を出すような特徴があるみたい。
HYのサウンドに合っている気がしますね。

ちなみに、61年製ストラトは100万オーバーは確実、状態によって数百万クラスなので、アマチュアの僕らは諦めましょう・・・。

その他には、このようなギターを使っているようです。

  • ジャニーマンストラトタイプ
  • ギブソンレスポールカスタム
  • フェンダージャズマスター
  • PRS
  • 三線(さすが!)

などなど。

使用アンプ

Carol-Ann(キャロルアン)というハンドメイドアンプがお気に入りだそうです。
さすがに、アンプにもこだわっていますね。

僕は恥ずかしながら始めて聞くブランドでしたが、グングン人気が上がっている注目のギターアンプみたいです。

これも、アマチュアが簡単に手に入れることができないような機材ですね・・・。
HYファンの方はコピーするのも大変そうです・・・。

定番的にライブで使っているのはヒュース&ケトナーとフェンダーベースマン。
2台準備しておいて、ベースマンをメインで使っているようです。

これらに加えてレコーディングでは、マーシャルやVOXなどの定番アンプも使い分けているそうです。

使用エフェクター

こうなると当然エフェクターにもこだわってます!
足元には数々のエフェクターが並んでいます。

先に書いてしまうと、

  • ケンタウルス(オーバードライブ)
  • チューブスクリーマー(オーバードライブ)
  • プロヴィデンスDO-401(オーバードライブ)
  • ボスSD-1(オーバードライブ)
  • ボスCH-1(コーラス)
  • ヒュース&ケトナー(ディレイ)

などなど。

注目すべきは歪み系エフェクター。
なんと、同じペダルボードにオーバードライブが4台!

どのように使い分けているのでしょうか?
さすがのこだわりですね。

ちなみに、このようなタイプのギタリストは常に新しいサウンドを求めて、エフェクターも入れ替えるので、今現在もこのラインナップとは限りません。

というか違う可能性が高いです。
あしからず。

コピーするなら

コード進行はこんなサイトで見ることができます。

J-Total MusicさんHYのページ

バンドスコアはこちらで。

GLNETさんHYのページ

<スポンサーリンク>