【椎名林檎】おすすめの『おしゃれな曲』7選!大人っぽいジャズ調の曲もイイ!

【椎名林檎】おすすめの『おしゃれな曲』7選!大人っぽいジャズ調の曲もイイ!

僕は椎名林檎が好きなんです。
ということで、今回は”おしゃれな曲”というテーマで曲をいくつかご紹介したいと思います。

<スポンサーリンク>

林檎さんのおしゃれな曲

林檎さんの楽曲はジャズ風のおしゃれな曲も多いですよね。
初期の頃もその片鱗はあったように思いますが、東京事変以降は特に凄いです。

ライブに行くと過去の激しい楽曲も、おっしゃれー♪な感じにアレンジされてますからね。
それそれでさみしい部分もあるんですが。。

丸の内サディスティック


名曲中の名曲、丸の内サディスティック!
最近のライブなんかでは、よりジャジィにアレンジされて演奏されてますよね。

個人的には下剋上エクスタシーで演奏されたようなバンドサウンドの方が好きなんですが。。
まぁ、でもとにかく名曲としてこれからも歌い継がれていくでしょう!

カリソメ乙女~DEATH JAZZ ver.~


もはやタイトル通り!
ジャズバンドのSOIL&”PIMP”SESSIONSを迎えてリリースされた本作では、静かで大人っぽい雰囲気ではなく、荒々しくある意味では本来のジャズのような曲に。

本当におしゃれカッコいい感じに仕上がってます。
個人的には歌詞も好き。。

真夜中は純潔


はじめて亀田誠二先生のアレンジで制作された本作。
なんと東京スカパラダイスオーケストラが編曲と演奏に携わってます。

ということで、曲は全開のスカパラ節。
そこに林檎さんの色気のあるボーカルが乗って、非常にカッコいい仕上がりとなっています。

全編アニメーションのミュージックビデオも印象的でしたよね。

ありあまる富


このタイトルを椎名林檎がつけているだけで何か意味深な感じがしますが(笑)、歌詞についても皆さん色んな印象を持っているようですね。

ドラマの主題歌として書き下ろし、という制限がついていても、林檎さん全開な曲をリリースしてくるあたりはさすがですね。

まさに名曲といっていいんじゃないでしょうか。

流行


東京事変を経て、ソロ活動(というか元々そうだったんだけど)再開されたときの、一発目のアルバム、冒頭一曲目。

ジャズっぽくてオシャレな雰囲気は、東京事変でのバンドサウンドとの違いを意識したんでしょうか。
大人っぽい作風は第二期椎名林檎の幕開けにふさわしいんじゃないでしょうか。

カーネーション


こちらも雰囲気たっぷりの曲ですね。
朝の連続テレビ小説の主題歌でしたが、「朝に合わない!」って批判的な意見も多かったんだとか。(笑)

確かに爽やかとは言い難い。。
曲の構成もなんだかスケールが大きいですしね。

長く短い祭


おしゃれ全開ってわけじゃありませんが、最近では特にこの曲が人気みたいですね。
ギタリストが浮雲さんの時点でオシャレな雰囲気に仕上がるから不思議です。。

この人のギター独特だからなぁ。

他の人の意見も見てみよう

確かにコレはカッコいい!
ビッグバンドジャズ風にアレンジされたバージョンは、本当にオシャレです。

なるほど、こちらもイイですね。
動画のシルエットを見ただけで、間違いなくオシャレな音を出すだろうと想像できます。(笑)

最近はオシャレ路線ばく進中ですからね。(笑)
刺さる…うーん確かに。。

なんか笑える。。けどわかる!!

ホントにこの人最強なんじゃないかと思うときは多々あります。

同感です。。

最後に

最近はこの手の曲をリリースしてくることが多いですからね。
初期の荒々しい感じが好きな方にとっては、少し寂しいのでは。。

あっ、でもエレカシの宮本さんとコラボした曲はかなりエモーショナルな感じでよかったですね。
上手に宮本さんを際立たせる絡み方が最高。。

長年やってると原点回帰なんてこともありますから、林檎さんもこの辺のタイミングで初期の頃のパンクな曲調に戻ってくるかもですね!

・・・いや、ないか。(笑)

<スポンサーリンク>