結婚披露宴のときの乾杯の挨拶について。雰囲気を変えて盛り上げよう!

結婚披露宴のときの乾杯の挨拶について。雰囲気を変えて盛り上げよう!

結婚披露宴のときの乾杯のあいさつについてご紹介します。

ポイント

結婚式自体は形式を重んじるため、緊張感があり、堅苦しい窮屈な雰囲気が続きます。
そんな空気を変えるのが乾杯の挨拶です。

会場の雰囲気を一変させ、宴の始まりとなります。
出席者の気持ちをリラックスさせ、楽しい気持ちで唱和できるようなスピーチとなるよう工夫しましょう。

出席者は乾杯に至るまでスピーチを聞かされ続けているので疲れが出始めています。
また、乾杯という形式上、出席者全員が起立しています。

エピソードは一つに絞り、コンパクトにまとめたスピーチがよいでしょう。

内容は、誰もがわかる言葉で皆が楽しめる内容にします。
新たな門出を祝う言葉や、老若男女に通じるとっておきのエピソードなどはいかがでしょうか。

例文

乾杯の挨拶例です。

自己紹介

ただいまご紹介にあずかりました○○と申します。

祝辞とお礼の言葉

○○君、○○さん並びにご両家、ご親族の皆様、本日はご結婚、誠におめでとうございます。
また、本日はこのようなおめでたい席にご招待いただき、ありがとうございます。

エピソード

多少フレンドリーな言い回しや話題でもOKです。
むしろ、その方が会場が和み、リラックスできることでしょう。

ただし、あくまで結婚式中の挨拶ということをお忘れなく。

乾杯の音頭

それでは、○○君、○○さんの新しい門出と、ご臨席の皆様のますますのご発展を祈念し、乾杯の音頭を取らせていただきます。

皆様、ご唱和お願いいたします。

乾杯!

ありがとうございました。