定額見放題で人気の動画配信サービスを比較!無料お試しアリのおすすめはココ!

定額見放題で人気の動画配信サービスを比較!無料お試しアリのおすすめはココ!

もう最近はしばらくDVD/ブルーレイのレンタルショップに行ってません。
映画やアニメの視聴は、もっぱら動画配信サービスを使ってます。

まじ便利すぎてやめられない…。
世の中的にもこの流れは、まだまだ加速していきそうですね。。

ということで、僕が実際に使ったことのある動画配信サービスを中心に比較記事なんぞ書いてみました。

動画配信サービス(VOD)とは?

動画配信サービスとは、ビデオオンデマンド(VOD)と呼ばれるいつでも見たいときに動画コンテンツを視聴できるサービスです。

その利便性とコストパフォーマンスから近年急激に利用者を増やしています。
そういう僕も利用者のひとりです。(笑)

人気の理由はこちら。

とにかく便利

動画配信サービスを使いはじめたら、今までのようにレンタルショップに行くのがイヤになります。(笑)

お店に出向く必要もナシ。
せっかく行ったのにお目当ての映画がレンタル済みだったという悲しい出来事ともおさらば。

もちろんレンタル期日が迫ってきて焦ることもありません。
とにかくスマートで便利です。

月額利用料金が安い

最近はレンタルショップも旧作100円など非常にリーズナブルですが、動画配信も負けてはいません。

安いサービスでは月額ワンコイン500円(税抜き)から利用できます。
さらにお店に行く時間的コストやガソリン代などを考えると、動画配信サービスを利用するメリットは非常に大きいといえます。

いつでも、どこでも視聴できる

インターネットに接続されていれば、スマートフォンやタブレット、PCでいつでも視聴できます。
数千円の機器を用意すればテレビの大画面でも楽しめます。

さらにインターネット接続時に動画を端末にダウンロードしておけば、オフライン環境だって大丈夫です。

多くの作品が見放題

動画配信サービスでは月額利用料金だけで多くの作品が見放題になります。
「レンタルするほどでもないかな、どうしよう…….。」なんて悩む必要もなく、いろんな作品を楽しむことができます。

ただひとつ注意点が。
一部の動画配信サービスでは、新作や人気作が月額利用料金の他に別途課金が必用になることがあります。

月額利用料金を支払ったからといって、配信されている全ての動画が見放題になるとは限らないんです。

とはいえ、その課金額もレンタルショップで新作をレンタルする金額とそれほど変わりませんし、毎月ポイントが付与され、それを利用することで実質無料で視聴できるようなサービスもあります。

比較してみよう

そんな理由で皆がこぞって使っている動画配信サービス。
「私も使ってみたい!」と思われている人たちも多いのではないでしょうか。

しかし、その人気から今は動画配信サービス戦国時代。(笑)
いろんなサービスがあって利用者としては嬉しい反面、数が多すぎて選ぶのも一苦労です。。

ここからは有名どころのサービスを比較して、自分にぴったりの動画配信サービスを探してみましょう。

一覧でチェック!

比較表 Amazonプライムビデオ hulu U-NEXT dTV auビデオパス
利用料金 年間3900円、もしくは月間400円 月額933円 月額1990円 月額500円 月額562円
動画本数 見放題動画数約10000本 約30000 約120000 約120000 約10000本
会員数 推定200万~300万(2016年) 2016年12月時点で約151万人 2015年時点で100万人以上 2016年500万人以上 2015年時点で100万人以上
無料お試し期間 30日間 14日間 31日間 31日間 30日間
画質 SD・HD HD HD・4K SD・HD・4K SD・HD
複数デバイスでの同時視聴 〇(同時に2台) × 〇(同時に4台) × ×
端末へのダウンロード ×
課金作品に使えるポイント 無し 課金作品自体が無し 毎月1日に1000ポイント dアカウントのポイントを使える 毎月540ポイント
オリジナルコンテンツ 有り 無し 有り 無し 有り
書籍コンテンツ 有り 無し 有り 無し 無し
比較表 TSUTAYA TV music.jp ビデオマーケット NETFLIX FOD
利用料金 月額933円 月額500円 月額500円~ 月額650円~ 月額888円
動画本数 約85000本 3万本以上 16万本以上 不明 不明
会員数 100万人以上(2015年5月時点) 不明 不明 世界で約7000万人 2017年80万人以上
無料お試し期間 30日間 30日間 入会初月無料 1か月 31日間
画質 SD・HD(端末による) HD 標準品質・高品質(HD) SD・HD・4K(プランによる) HD
複数デバイスでの同時視聴 〇(購入作品のみ2台) × × 〇(プランによる) ×
端末へのダウンロード × ×
課金作品に使えるポイント 毎月1080円相当 毎月動画3本分 毎月540ポイント 無し 毎月100円分
オリジナルコンテンツ 無し 無し 無し 有り 有り
書籍コンテンツ 無し 有り 無し 無し 有り

※現在の情報と異なる場合がありますので、最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

ねっ、多いでしょ。(笑)
これでも全ての動画配信サービスを網羅したわけではありません。

僕が使ってことのあるサービスを含めた有名どころをピックアップしてみました。
ここからさらに比較していきましょう。

皆が使っているランキング

こちらで紹介したサービスの直近でのシェランキングはこのようになっています。

1位dTV(約20%)、2位Hulu(約14%)、3位U-NEXT(約13%)、4位Amazonプライムビデオ(約12%)、5位Netflix(約7%)。

dTVが頭一つ抜け出ていて、Hulu、U-NEXT、Amazonプライムビデオがほぼ横並び状態になってます。

個人的な印象としては、dTVが飛びぬけてシェアを確保しているのは携帯電話の契約時になんとなくでdTVにも入会している部分が大きい気がします。

経験ありませんか?
契約時に勧められるがまま色んなサービスに加入してしまうアレです。(笑)

あと注目はAmazonプライムビデオ
dTVが若干シェアを落としてきている中、伸び率としては勢いがあります。

その資金力を活かして、オリジナルコンテンツ(そのサービスでしか見られない独自のコンテンツ)を増やしているのが要因と思われます。

月額利用料金の安さ

月額利用料金の安さとしては、先ほどシェア1位とご紹介したdTVがリーズナブルですね。
ワンコイン500円(税抜き)となっています。

他のサービスでも概ね500円~1000円ほどの価格帯が多いです。

ただ、配信されている動画の内容や操作画面の使いやすなど、良いサービスのポイントはたくさんありますので、利用料金だけで決めてしまうのはかなり危険ではあります。

配信されている動画の本数と質

ということで、配信動画数やジャンルの幅広さ、新作の配信スピードなどサービス内容についてはどうでしょう。

ここではやはり国産動画配信サービスの老舗、U-NEXTを挙げたいと思います。

一覧表を見ると、どのサービスを見てもかなり多くの動画が配信されているように思いますが、その内容についてはかなり違いがあります。

例えば、ミュージックビデオやカラオケ動画、かなりマイナーな作品なんかも含まれている場合があるんです。

その点、U-NEXTに関しては動画の質もかなり高いです。
ジャンルも多岐に渡り、映画やドラマ、アニメはもちろん、子供向けの教育コンテンツやドキュメンタリーなど見ごたえあるものが多いです。

おすすめサービス5選

それでは、ここまで比較してきた動画配信サービスの中でも特におすすめのサービスをご紹介します。
といっても、シェア上位のサービスばかりになってしまいましたが。(笑)

U-NEXT

U-NEXT

まずはU-NEXT。
海外発のサービスが台頭してきている中、確固たる存在感を放っている老舗の国産動画配信サービスです。

有線放送で有名な「USEN」が運営に深く携わっているのも安心感があります。
配信されている動画の質と数、新作の配信スピードも随一で、内容としては(個人的に)最高のサービスだと思っています。

操作画面が使いやすいのも◎
配信されている動画のジャンルも多岐に渡ります。

ただ唯一の悩みどころは月額利用料金が高いこと。(苦笑)
内容を見れば納得はできるのですが、いかんせん月額1990円は……ねぇ。。

その分無料お試しのお得感はすごいので(笑)、どこかまずはじめに登録するならU-NEXTはおすすめです。

サービス名 U-NEXT(ユーネクスト)
利用料金 月額1990円 ※作品によって別途課金
動画本数 約120000
無料お試し期間 31日間

U-NEXTの31日間無料お試しはこちらから

Hulu

Huluは月額993円で配信されている動画が全て見放題となる完全定額制の動画配信サービスです。

Huluで配信されている動画に課金作品はありません。
とにかく月額利用料金を支払えばいいので安心感はありますね。

海外発のサービスということで、リリース当初こそ日本向け動画が少なかったんですが、国内での運営を日本テレビが行うようになってから身近な作品がイッキに増えました。

もちろん洋画にも強く、海外ドラマには特に強い印象です。
初心者さんから本格的な映画ファンまで幅広く楽しめるサービスになっています。

サービス名 Hulu(フールー)
利用料金 月額933円
動画本数 約30000
無料お試し期間 14日間

Huluの14日間無料お試しはこちらから

dTV

dTV

先ほど書きましたがdTVは、シェアナンバーワンの動画配信サービスです。
月額500円から利用できるという敷居の低さも魅力。

ただ課金作品が多いような印象なので、本格的に使いはじめるとけっこうお金が掛かっちゃうかもしれません。

見たい作品が見放題になっている場合にはかなりお得ですけどね。

例えばアンパンマンやドラえもんなど、子ども向けのメジャーアニメは見放題になっているので、小さいお子さんに見せるならかなり使えると思います。

お子さんのために定期的にレンタルしているような状況でしたら、dTVを使った方が絶対にコスパは良いはずです。

登録前には見たい作品が配信されているか、必ずチェックしておきましょう。

サービス名 dTV(ディーティーヴィー)
利用料金 月額500円
動画本数 約120000
無料お試し期間 31日間

dTVの31日間無料お試しはこちらから

Amazonプライムビデオ

プライムビデオ

Amazonでよく買い物するならば、プライムビデオは最もにおすすめできる動画配信サービスです。

Amazonのプライム会員になると使えるサービスのひとつでなんですが、見放題作品も非常に多く、話題の作品でも課金なしで見れたします。

オリジナルコンテンツが多いのも「さすがAmazon金持ってるな!」という印象です。(笑)

というか、Amazon使ってるならプライム会員は絶対におすすめです。
プライムビデオだけでなく、お買い物の時に日時指定やお急ぎ便が無料になったり、音楽聴き放題も利用できたりします。

まさに神サービスです。
それでいて年間3900円ですから、もはや最強としか言いようがありません。

サービス名 Amazonプライムビデオ
利用料金 年間3900円、もしくは月間400円
動画本数 見放題動画数約10000本
無料お試し期間 30日間

Amazonプライムビデオの31日間無料お試しはこちらから

TSUTAYA DISCAS/TV

TSUTAYA TV

レンタル大手のTSUTAYAが運営する動画配信サービスです。

少々わかりにくいですが、DISCASというのが「自宅に届いてポストに返却」というキャッチフレーズで有名な宅配レンタルで、TVが動画配信サービスとなっています。

これら複数のサービスがひとつの操作画面に集約されているので、実際使うとさらにわかりにくい。(苦笑)

ですが、このサービスの一番大きなメリットはメディアの宅配レンタルと動画配信サービスの二刀流で使えるということ。

実はどの動画配信サービスでも見ることができない作品が存在します。
有名どころではジブリ作品などです。

そのような作品は宅配レンタルで、普段は動画配信サービスで気軽に楽しむ、という使い分けができるんですね。

これはTSUTAYA DISCAS/TVならではです。
無料お試しでは、このふたつのサービスを同時に使えるプラン(月額2417円)が対象となっていますのでお得感もかなり大きいです。

サービス名 TSUTAYA DISCAS/TV(ツタヤディスカス/ティーヴィー)
利用料金 月額933円
動画本数 配信動画数約85000本
無料お試し期間 30日間

TSUTAYA DISCAS/TVの30日間無料お試しはこちらから

テレビの大画面で見よう

テレビの大画面で観る

各動画配信サービスを比較しながら、おすすめのサービスをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

ここからは動画配信サービスをさらに楽しむ方法。
テレビの大画面で視聴する方法をお話ししておきます。

スマホの小さい画面じゃなくて、やっぱりテレビで思い切り楽しみたいですものね。

STB(セット・トップ・ボックス)

比較的新しい型のテレビでしたら最初から動画配信サービスを視聴する機能がついているものもありますが、それ以外のテレビで視聴するためにはSTBと呼ばれる機器を使うことになります。

今はこのような機器は数千円から購入できるので、かなりおススメです。

しかも動画配信サービスをテレビ画面に映し出すだけでなく、YOUTUBEなどの動画共有サイトやFirefoxなどでウェブ検索できたりもするので非常に便利。

STBは今のところこのふたつがリーズナブルで人気です。

クロームキャストとFire TV Stick

Chromecast(クロームキャスト)

ChromecastはGoogleからリリースされているSTB。
リーズナブルな価格帯ながら、コンパクトで使い勝手がよく、対応アプリも多くて非常に人気が高いです。

私は今の2世代目は使ったことがありませんが、初代のころは愛用していました。
Chromecastを使ってテレビ画面に映し出す仕組みはこのようになっています。

テレビにキャストするイメージ

イメージ図を見ていただけるとわかりやすいかと思いますが、スマホやタブレットで見たいコンテンツを選んで”キャスト”することで、Chromecastがコンテンツをテレビへ届けてくれます。

まさに仲介役ですね。
そのためChromecast単体では動かず、必ずスマホやタブレットからキャストすることになります。

対応しているアプリを起動していると、画面にこのようなアイコンが表示されてここをタップすることでキャストすることができます。

キャストするアイコン

最初の設定さえしてしまえば、あとはとっても簡単にテレビで使用することができるんです。

Fire TV Stick

Fire TVはAmazonからリリースされているSTB。
使い勝手としては、良くも悪くもAmazonプライムビデオに最適化されています。

プライムビデオが探しやすいホーム画面

はっきりってプライムビデオを使っているなら絶対にFire TVがおすすめです。
メチャクチャ快適です。(笑)

しかもFire TVはそれ単体で動きますので、付属のリモコンを使用すれば、普通にテレビを見ている感覚で操作できます。

Fire TV Stickを操作する子ども

子供でも簡単に使えちゃいます。
ちなみに子供が変な操作しないようにPINコードという簡易的なパスワードも設定できるので、そちらも安心。

もちろんプライムビデオ以外の動画配信サービスも使えます。
ちなみに我が家での現役選手はこちらのFire TVです。

どっちを選ぶ?

それではどちらのSTBを選んだらよいのでしょうか。
まずはこちらの一覧表をご覧ください。

対応アプリ比較 Chromecast Fire TV Stick
YOUTUBE
GYAO!
U-NEXT
dTV
dアニメ
hulu
NETFLIX
DMM.com
Abema TV
Amazonプライムビデオ ×
auビデオパス ×
RAKUTEN TV ×

注目すべきポイントなんですがChromecastではAmazonプライムビデオに対応していません。
はい、大人の事情感がプンプンします。(笑)

このような理由から、Amazonプライムビデオをメインで使っているのならば、Fire TV一択となります。

逆にChromecastはプライムビデオ以外のほとんどのアプリに対応しています。

先ほども少しお話ししましたが、Fire TVはプライムビデオに最適化されていますので、他の動画配信サービスを使うならば、もちろんChromecastもおすすめ。

ということで、プライムビデオ使うなら絶対にFire TV。

他の動画配信サービスならば、Fire TVも候補に入れつつChromecastを検討してみてください。
個人的にはそれでもFire TVを推したいかな。。

どこで購入できるの?

Fire TVはもちろんAmazonで。
まずはじめの一台を購入するならば、Fire TV Stickをおススメします。

Fire TV Stick
Fire TV Stickの詳細ページはこちら

上位機種のFire TVなら4KとHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応していますので、最初から高価でもハイスペックな機器が欲しいのならばこちらも検討してみてください。

Fire TV - 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属
 【Fire TVの詳細ページはこちら

そしてChromecastですが、やはりこちらも大人の事情なのか、Amazonでは購入できません。(苦笑)
ネットで購入するなら楽天市場で。


google chromecast2の詳細ページはこちら

最後に

ママの休息時間に動画配信サービスはピッタリだと思います。
我が家では、子供たちに占領されているような気もしますが…..。(笑)

私の個人的なおすすめはU-NEXTですね。
動画の数も質も素晴らしいですし、操作画面も使いやすくて快適。

動画もジャンル別に見やすく並んでいるので、見たい作品がどんどん出てきて、むしろどれを見ようか迷ってしまいます。。

というか無料お試しはほとんどの動画配信サービスで用意されていますので、結論から言うと全部試してみるのが◎。

ちなみに私はおすすめでご紹介した5つのサービスは、すべて無料お試しで登録しました。(笑)
それだけでも137日間も無料で動画が見れちゃいます。。

凄いですよね。

まずはU-NEXTから試してみましょう!