脱釣果ゼロ!ニジマスを管理釣り堀で釣るためのコツをリサーチ!

脱釣果ゼロ!ニジマスを管理釣り堀で釣るためのコツをリサーチ!

焼かれているニジマス

先日近くの釣り堀(というか管理川?)に家族で行ってきました。

で・す・が!90分釣り続けてなんとまさかの収穫ゼロ!(泣)

親たちはイライラしてくるし子供たちは泣き出す始末。。
ちなみに周りの家族はけっこう釣ってた。(汗)

ナメてかかっていた僕も悪いのですが、次回こそは何匹か釣り上げたい!と近々でのリベンジを誓っているわけです。

そこでニジマス釣りについての情報をリサーチしてみたので、備忘録としてここに書いておきたいと思います。

<スポンサーリンク>

ニジマス釣り(釣り堀)のコツまとめ

ということで早速グーグル先生にご指南いただきました。

数あるサイトの中でも特に参考になったのはこちらのサイト

管理人さま、ホントにありがとうございます。
ちなみに今僕が望んでいるよりも高いレベルの話も多いので、もう少し本格的にニジマス釣りをやりたい方も参考になると思います。

放流後の30分が勝負?

釣り堀に放されてから30分くらいが釣りやすいとのこと。

突然バケツからぶちまけられたニジマスは最初こそパニックになっているものの、しばらくすると落ち着いて非常に釣りやすい状態になるそうです。

このピークを過ぎると色いろと工夫して釣っていくことになるんだとか。

そうなんだ。。
今回は15時くらいに行ったので、釣りにくい時間ではあったのかもしれません。

朝と夕方が釣りやすい?

ニジマスの食欲が高まるのが朝と夕方の時間帯なんだとか。

ということは、15時に行ったのは時間帯的にはよかったのかな??

時間切れが16時30分だったので、もう少し粘ることができたなら結果は変わったかもしれないな。

緑色に反応しやすい?

だそうです。

練り餌に緑の食紅を使うというテクニックもあるんだとか。

うーん、なるべく釣り堀で提供される道具だけで釣りたいなぁ。。

なんせ他の家族は釣れてましたから。(苦笑)

釣れそうなポイントは?

僕たちが行った川のような釣り堀では、段差になっていて水が流れ落ちるポイント(段差になっている直後)が良いそうです。

さらにいうとそこに投下してから流れに合わせて餌を下流へ流していくのがいいんだとか。

そうなんだ。。
最終的には皆帰ってしまって迷惑がかからない状態だったので、この通りやってたんだけどな・・・。

タナを探る?

僕としてはここが一番気になってます。

どうやらニジマスは水温が低いときほど底の方へ、水温が高くなると上の方へ移動するそうです。

そしてニジマスの視界に入る範囲(上下20センチほど)に餌を落とさないと釣れないんだとか。

なるほど。

また、ニジマスのタナは頻繁に変わるそうなので、様子を見ながら餌の高さを調節していくのがいいようですね。

餌を変える?

とりあえずここは保留しておきます。

釣り堀から与えられた餌で釣りたいのです!
ちなみにもらった餌は魚肉ソーセージと練り餌でした。

周りの人はこのエサで普通に釣れてたので何とかこの条件でリベンジしたい!

一応情報として食いつきがいい餌はこのようなモノが紹介されていました。

  • ブドウ虫
  • ミミズ

餌関連でひとつ気になったのは、ニジマスだって同じものばかり食べていると飽きる!ということ。

なのでアタリをみながら餌を変えていくことはかなり効果があるんだとか。

うーん、これは納得。

自分なりのポイントをおさらい

  • 朝一番に行ってみよう
  • そして良いポイントをゲットしよう
  • もう少し真面目にタナを探ってみよう

これで釣れるか?!

その結果はまた報告したいと思います!!

<スポンサーリンク>