アソシエイトの審査に【30回以上】落ちて心が折れた話し

アソシエイトの審査に【30回以上】落ちて心が折れた話し

Amazonアソシエイトの審査が激ムズでした。(泣)

仕事でとあるサイトをAmazonアソシエイトに申請していたんですが、猛烈に落ちまくってエライ目にあったんです・・・。

結果審査を通すことはできませんでした。

※ということで解決方法を指南するページではありません。ただの思い出話です。

<スポンサーリンク>

Amazonアソシエイトとは

アソシエイトの審査が通るように祈る男性
・・・なんて、恐らくこの記事を見てくれている方はわかってると思うので説明しません。(笑)

もしもわからない方でご興味があるならばこちらから公式サイトをご覧ください。。

簡単に言えば、ブログなどでAmazonの商品を紹介して、そのリンク経由で商品が売れるといくらかの手数料をサイト運営者がもらえるシステムです。

承認までの果てしなく険しい道のり

承認までの道のり

それではアソシエイトの審査に落ちまくった、その道のりを記していきたいと思います。

あの時の僕と同じように、途中で何と戦っているかもわからなくなり(不承認の理由を教えてくれないから)途方に暮れている同志の気づきになれば幸いです。

申請した時の状況

まずは僕が申請した時の最初の状況を書いておきます。

  • ドメイン取りたて新規サイト
  • 初めての申請ではなく同じアカウントでのサイト追加
  • 普通のブログではなくAPIを使用したある機能を持つサイト

です。
なのでよく言われる”購入履歴のあるアカウントで申請が◎”なんかはクリア済み。

その他の状況はこの記事を読み進めていただけるとおわかりいただけるかと思います。
それではいってみましょう!

申請1回目:不承認

  • ドメイン取って4日で初申請
  • APIを使ったちょっとした機能を設置
  • 総ページ数4

メイン機能が設置された時点で、その他必要最低限のページ(規約とか)を追加して初申請。

これで通ればラッキー!と思って申請しましたが、あっけなく不承認。

申請2回目:また不承認

1回目の不承認を受けて「ですよね?じゃあ本気出しますよ?!」てな感じで修正開始。(この時点ではまだ余裕。(笑))

  • コンテンツ追加

5記事ほどコンテンツを追加してみました。
内容は自分が得意とする分野でオリジナル性はある(はず)。

テキスト量としては各ページ1000文字前後です。
これでどうだ!と申請してみるものの不承認。

申請3回目:またまた不承認

そうなのね。。
サイトの作りもコンテンツ量も門前払いされるレベルではないと思ったのでサイト内テキストの言い回しをチェックしてみる。

  • 不承認の原因となりそうな言い回しをチェック

例えば”絶対”とか”最安”とか、突き詰めればそりゃないだろ?みたいな表記を確認。

自分なりに修正後、申請するも不承認。

申請4回目:また×3不承認

この辺りから雲行きが怪しい感じを悟り始めました。(苦笑)
二日間かけて全体的に再チェック。

同時に諸先輩方のブログをチェックして情報収集しました。
それらを加味してこのように修正。

  • トップページのボリュームアップ
  • コンテンツ量が足りないかと思ってさらに8記事追加(この時点で17ページ)
  • 突っつかれそうな画像を差し替え

結構大幅に修正しましたが、あえなく不承認。

申請5回目:また×4不承認

”サイトが未完成”。
不承認になるのはこの理由が一番多い、というようなブログを多く拝見したので、さらにコンテンツ追加

  • さらにコンテンツ追加(この時点で23ページ)

この時にはすでにかなりビビッてたので(笑)、内容はオリジナルでありつつも表現を過激にせずふんわりした感じの言いまわしで記事を書きました。

・・・まぁ、不承認でしたが。

申請6回目:また×5不承認

もうすでに”アソシエイト+審査+通らない”で検索して出てくる記事を読むことが日課になってます。(苦笑)

都市伝説のような情報も試したくなる今日この頃、Amazonプライムに入れば通してくれるんじゃないか?なんて訳のわからないことも頭をよぎります。

しかし、我に返って本当にベタなところを修正。
さらに申請時のコメントを詳しく書いてアピールするのも良いらしい、ということで。

  • 運営者情報の追加
  • 記事を追加(この時点で24ページ)
  • 申請時のコメント欄を丁寧に書く

もともと運営者への連絡先はちゃんとあるページに記載していたのですが、わかりやすく”運営者情報”というページを作ってメインメニューにも表示させました。

が、不承認。

申請7回目:また×6不承認

もう何をしたらいいかもわからない状態になりつつあります。(汗)

でも諦めず「そういえば?!」と思って、アナリティクスでAmazonさんが見てるっぽいページを確認してみる。

・・・。
全然見られてない。(苦笑)

トップページだけ見て落とされてるらしい。
じゃあパッと見でわかりやすいところに問題あるのか?

ということで、もう一度全体的に文章をチェックして変更、削除、追加を適宜行う。

そして、ここで諸先輩方の記事がいわゆる普通のブログ形式のサイトを主とした情報だということに気づきました。

僕が申請しているサイトはAPIを使った、ある機能がメインのサイトです。
この部分が影響してるのでは?と思いその部分も修正。

  • トップにあったその機能を別ページに移して、そこへのリンクだけトップに残す
  • そして大幅に見栄えが変わったトップページを全体的に手直し
  • 記事を追加(この時点で25ページ)

なんかページの分割なんて小手先の修正な気がしますが・・・なんて思ってたらやっぱり不承認。(泣)

申請8回目:また×7不承認

まだ情報収集継続中。
その中で”トップのURLだけじゃなく、実際に商品リンクを貼るページのURLも書いておくといい”という情報を発見。

「こんなブログ記事を書いて、そこに商品紹介のリンク貼りますよ!」とAmazonさんにアピールするわけです。

おぉっ、これは効果ありそう!ということで早速実践。

  • トップのURLだけじゃなく、ブログ記事のURLも書いてアピール

はい、不承認。

申請9回目:また×8不承認

ここまで来たら、気にはなってたけど面倒なので後回しにしてたアレをやってみるか。

サイトのロゴは完全に自作したものでした。
(元ネタは幼稚園児の子供が描いた絵なので何かに被るはずもない。)

でも、似たようなキャラクターがすでに存在していないとも限らないベタなテーマのロゴです。

「もしや、このロゴが”どこぞの何とかに似てる!”とかで落とされてるのでは?」と思ってサイトロゴを作り直し。(笑)

  • ロゴの再作成

絵はやめて文字を装飾したようなロゴに変更。
これなら「これ〇〇のキャラじゃん?!」なんて言わせない。

でも不承認。

申請10回目:また×9不承認

完全にヤバい雰囲気を感じてきます。(汗)
こんなところじゃないだろうな・・・と思いながらも、さらサイト内の言い回しをチェック。

  • サイト内の文章を修正
  • と同時に審査で嫌われそうな記事を削除

本当にフワッとした言葉に変えました。(笑)
めちゃくちゃ弱気で当たり障りのない文章です。

サイトに来てくれた人へのアピールなんて皆無。
・・・それでも不承認!

申請11回目:また×10不承認

ここら辺でAmazonのいう”知的財産の侵害”が気になって、知的財産についてグーグル先生に聞いてみるも訳が分からず(というか読んでるうちに面倒くさくなって)撃沈。(笑)

すでに自分が撮った画像しかサイトには使っていませんでしたが、何らかの理由でこれが原因かも?と思い、すべての画像を撤去。

  • 使用している画像(自分で撮ったもの)を撤去

もしもこれで通ったら今後画像は一切使えないレベルだぞ?!(汗)と思いながらも申請。。

で、不承認。

申請12回目:また×11不承認

ここで、Amazonさんソースを見てるんじゃないかと思って細かい設定もチェック。

うわっ?!メタタグが全部記載されてなかった
そういえばメタタグちゃんと設定したら審査通った、なんて報告もあったな。

  • メタタグをもれなく記載

これは期待できるぞ!と思いながら申請しましたが、あえなく不承認。

一旦落ち着きましょう。。

コーヒーブレイク

一旦心を落ち着かせます。
Amazonアソシエイトという名の迷路で完全に迷子ちゃんです。

落ち着いて一つずつ可能性を潰していこうと思います。
闇雲に申請しても絶対に落ちそうです。

何かが引っかかってるはず・・・。

※ここからは申請した回数を数えてません。面倒になってきました。。

大丈夫な可能性が高いこと

諸先輩方が書き残してくれている色んなチェックポイントの中で、自分なりにこれは大丈夫!と思える部分はこちら。

  • 購入履歴のあるアカウントを使う→購入履歴はある・・・というよりも”サイトの追加申請”なのでアカウントは問題ないはず。(既に他のサイトを2つ登録済み、ちゃんと収益もあがってる)
  • フリーアドレスを使ってる→gmailだけど、これも上記理由で問題ないはず。
  • 誹謗中傷やアダルト的な内容→無い
  • 情報商材の広告を載せてる→無い
  • 何かしらの入力ミス→無い
  • サイトの閲覧規制→無い
  • サイトの紹介を丁寧に書く→書いてる
  • サイトの運営者情報や問い合わせフォーム設置→載せてる

とりあえず問題ないと思われるポイントはこれくらいだろうか。

なのでここからは自信をもって「大丈夫!」と言い切れない箇所を1つずつ潰していくことにします。

知的財産権の侵害

自分が撮った写真やフリーの画像、自分で作ったイラストしか使ってませんが、Amazonさん的にアウトな画像があるかもしれません。

そのラインはわからないので、一度画像をすべてを確認して差し替え、もしくは削除してみます。
そしてタイトルや本文中、メタタグも接触しそうなワードの記載がないかチェックします。

実は以前に申請したサイトで、このような記事を削除したら審査に通過した経験があります。

  • 記事タイトルに、とあるブランド名が入ってた
  • そのブランドの商品(自分の所有物)を写真に撮ってアイキャッチにしてた

この記事がたまたまトップの新着に出ていましたが、これを削除したらOKが出たのです。

自分が購入した商品とはいえ、被写体に著作権が絡んでくるか?というのは非常に微妙な問題ではあるのですが、Amazonさんがアウト!といえばアウトなわけで・・・。

ということでサイトを隅々までチェックして修正をかけた後、再申請してみました。

でも不承認!

画像じゃないのか?!

アナリティクスを見てみると今回もトップページだけ見て落とされてるみたい。
わかりやすいところに問題があるのかなぁ・・・。

サイトの運用期間と記事数

いわゆるサイトが未完成という理由での不承認なのか。
この辺りは自分的に”?”の部分もあるので、非常に難しい。。

諸先輩方からはこのような報告が。

  • サイトを開設してから2か月経たないとダメ
  • サイトを開設して3か月経たないとダメ
  • サイトを開設してからの期間は関係ない(開設後数日でも承認されている人多数)
  • 記事数は5記事程度でもイケる
  • 20~30記事くらいが目安
  • 100記事くらい入れてようやくイケた

などなど。

今申請しているサイトはこのような状況です。

  • サイト開設後23日経過
  • 記事数18(問合せフォームなど入れると22)

うーん、どうなんでしょう・・・。
サイトの状態も未完成で切り捨てられるレベルとは思えない。

というよりサイトの運営期間なんてハッキリわかるわけないし、ドメインの取得日=運営期間じゃないんだからそんな曖昧な理由で落とすはずないよな。(参考にはするかもだけど。)

記事数だって”いくつ入ってればOK”なんてボーダーラインがあるはずない。(と思う。)

でも仕方ないので記事を入れながらしばらく様子を見てみることにしますが、趣味のサイトじゃないので、悠長に構えているわけにもいきません。

あと1週間程度を目安にして、記事を入れながらサイトをボリュームアップしてみたいと思います。

それでは皆さん、しばしのお別れです。

 

・・・。

 

はい、戻ってまいりました。

1日1記事追加していき、ブログが25記事になったところで再申請してみました。
サイトを開設してからちょうど1か月のタイミングです。

その結果、不承認!

おいおい、どうしたらいいんだ・・・。

アナリティクスでアクセス解析してみる

途方に暮れていても前には進まないので、何かしらのヒントを求めてアナリティクスを眺めていました。

アソシエイトのチェッカーさんだと思われるログは確かにあります。

どうやらTOPページだけ見てNGになっているご様子。
他のページには遷移してません。

ということはTOPのわかりやすいところに問題があるのか?
とはいっても、これまでの修正で画像や文章は問題ないはず。

・・・。

あっ、もしかしたらTOPページがしょぼいのかも。
問題になりそうな箇所を修正&削除するあまり、なんだか見た目が貧相です。

この辺りが”サイトが未完成”と見られているのかな?

ということで、思い切って色んな画像を入れたり、別ページに分けて書いていた内容をTOPに持ってきたりして華やかにしてみました。

そして申請!

そして不承認!!

しかしここである異変が・・・。

なんか他のページも見られ始めた

みたいです。
今まではTOPだけ見て門前払いでしたが、多少印象が良くなってきたのでしょうか。

これは・・・チャンス・・・なのか?!

それならばこの路線で進んでみよう。
細かい部分を修正しながら再度申請します。

でもなかなか通らない・・・

チャンスかと思ってひたすらに進んでみましたが不承認が続きます。(泣)

モチベーションもそろそろ限界になってきました。
というよりこの申請作業に時間を割きすぎて他のことができない。(苦笑)

ということで・・・

アソシエイトのことを一旦放置する

はい、もう打つ手なしです。
ということで、アソシエイトのことを一旦放置することにしました。

アソシエイトの審査に引っ張られてサイトを自由に作れてません。(汗)
あまりコンテンツが増えるとNGの可能性になる箇所も増えると思って色んなアイデアを実行できずにいました。

いつかはわかりませんが、思い出したころに再申請してみます。

それではさようなら。。

一応ここまででやってきたことをまとめ

  • 継続的にコンテンツ追加
  • 極端な言い回しをチェックして修正
  • トップページのボリュームアップ
  • ロゴや画像の見直しと削除
  • 運営者情報の記載
  • 申請時のコメントを詳しく丁寧に
  • API機能の削除
  • 記事の見直しと削除
  • メタタグをもれなく記述
  • サイトをある程度運営する(約2か月)

もちろんこの他の基本的な部分に関しては対応してきたつもりです。

最後に

放置すると決めてから他のサイトをテコ入れしていたところ、全く別のサイトでアソシエイト申請する必要が出てきました。

そして恐る恐る申請・・・

 

一発承認!

 

なぜだ??

ちなみにそのサイトの状態はこんな感じ。

  • コンテンツは50くらい
  • 画像は使いまくり
  • 他の広告あり
  • ブログ形式
  • 放置期間も含めれば運営期間1年くらい

アソシエイトに申請する気はなかったので、何も気にせずやりたいようにやってた(審査対策のようなことはやってない、という意味)サイトです。

一つのサイトでハマってしまったら、気を取り直して他のサイトに力を入れてみてもいいかもしれませんね。

他のサイトでは意外にもあっけなく審査を通過することもあるようです。

<スポンサーリンク>