【初心者向け】ギターのチューニングのやり方について

【初心者向け】ギターのチューニングのやり方について

クリップチューナー

ギターを弾くための準備としてチューニングはもっとも大事な作業です。

しかし、初心者のころはそもそもチューニングの意味もわからず、四苦八苦してしまいます。

僕は初めてチューニングしたときに、わけがわからないまま始めて続けて2回弦を切りました!(泣)

ギターを弾くどころか、1日に楽器屋さん2往復です。(泣)

皆さんはそのような切ない事態にならないよう、十分に準備してからチューニングしてくださいね。

<スポンサーリンク>

チューニングとは

ギターに限らず楽器を弾くときにはチューニング(調律)が必要になります。

例えばピアノでしたら、ドの鍵盤を叩いたらドが鳴るようにしなければなりません。
当然ですが、ドを弾いているのにド♭とかが鳴ってしまっては困るわけです。

それはギターも同じです。
各弦に割り当てなければならない音は基本的には決まっています。

その音が鳴るように調整するのがチューニングです。

どんな音に合わせる?

実はギターのチューニングは様々な種類があります。(変則的なものについてはここではお話ししませんが。)

しかし、あくまで基本となるのは”レギュラーチューニング”と呼ばれる、このチューニング。

レギュラーチューニング

6弦から順番に、E(ミ)→A(ラ)→D(レ)→G(ソ)→B(シ)→E(ミ)に合わせていきます。

何を使ってチューニングする?

音感が良い人なら耳を使ってチューニングできるかもしれませんが、普通の人は文明の利器”チューナー”を使いましょう。

今は安価で高性能なものがたくさんあります。
チューナーの種類や選び方はこちらのページで詳しくご紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。

チューニングのやり方

それではチューナーを使ったチューニングのやり方を見ていきましょう。

チューナーにも様々なタイプがありますが、こちらでは安価でお手軽なクリップチューナーを使ってご紹介していきます。

1.ギターと接続する

普通のコンパクトタイプやペダル式でしたら、シールドを使ってギターと接続します。

クリップチューナーでしたら、ギターのヘッドに取り付けます。

シールドを使う場合には状態のいいものを選びましょう。

断線しかかっているようなものですと、上手にチューニングできません。

ワンポイント

チューナーにはキャリブレーションといって、基準となる音を決める機能があります。

一般的なキャリブレーションピッチはA(ラ)=440Hzです。

例えば画像のようにA=442Hzで設定してしまうと、同じAでチューニングしているはずが、A=440Hzのチューニングと音がずれてしまうのです。

特に何も触らなければ基準値の440Hzになっているはずですが、念のため確認しておきましょう。

2.開放弦を鳴らす

チューニングの手順としては開放弦を鳴らして6弦から順番に調整していきます

6弦から調整していく理由は、太い弦ほど張力が強くチューニングしている途中で他の弦に影響を与えやすいから。

例えば1弦からはじめて最後に6弦を調整すると、他の弦全体に影響が出てせっかく合わせたチューニングが狂いやすくなるんですね。

ワンポイント

チューニングの基本は、音程が低い状態から弦を巻き上げて(音程を高くしていって)正常値に合わせていくやり方です。

これにも理由があって、巻き上げていくことで多少なりとも弦が緩みにくくなり、その結果合わせたチューニングが狂いにくくなるから。

チューニングをはじめるときには、全体的に巻きを緩めた状態にしておきましょう。

3.メーターを確認する

チューナーに接続された状態で弦を鳴らすとメーターが左右に動きます。

音が低いとメーターは左に振れ、音が高いと左に振れます。

このメーターの振れが中心で止まるように調整していくのです。

チューニングが合った時のメーターの位置はこのようになります。

このメータを中心に合わせる作業を6弦から1弦まで順番に行います。

ワンポイント

通常チューナーはAといったらオクターブ下や上のAも同様に反応します。

なので、慣れないうちは必要以上に音を高くしすぎて(巻きすぎて)弦を切ってしまうことがあります。
(前途のとおり、僕はこの失敗で連続2回弦を切りました・・・。)

ただ最近は便利な機能が搭載されていて・・・

このようにギターの5弦Aと指定できるモードや、

「ちょっと、弦巻きすぎ!切れちゃうよ!!」と教えてくれる、弦切れ防止機能がついていたりします。

ぜひ活用してくださいね。

4.6弦からもう一度チューニングする

6弦から1弦までチューニングができた!・・・と思って安心してはいけません。

前途のとおり、各弦をチューニングしていく過程で全体の張力が変わっていくので、音程が変化してしまっている弦があるのです。

もう一度6弦から順番に調整していきましょう。
繰り返し行って全体的なチューニングが安定してきたらOKです。

最後に

ギターは本当にチューニングが不安定な楽器です。

一度チューニングを合わせたからといって、それが長い間保たれるわけではないのです。

例えばライブ中でも曲間で頻繁にチューニングしなければなりませんし、それは自宅練習の時も同じです。

チューニングが狂った状態では練習もはかどりませんので、コマめにチェックしながらサッとチューニングできるよう慣れておいてくださいね。

<スポンサーリンク>