そうだったのか?!ギターのPUにピックアップカバーがある意味

そうだったのか?!ギターのPUにピックアップカバーがある意味

いやー、あらためてギターのことについて調べていると、知らなかった事ってたくさんあるんだと思わされます。(当然ですが。)

どれだけテキトーに、見た目重視でやってきたのかと感じます。(だ・か・ら、当然!)

というのも、僕のギターには後付けでピックアップカバーを取り付けているのですが、それのホントの意味を最近知ったんです。

<スポンサーリンク>

ピックアップカバーをつける意味

ピックアップカバーがついたPU

としてはどのようなものがあるのでしょう。
取り付けておいてから調べるなんて、まさに意味不明ですが改めて調べてみたら色んな事がわかりました。

見た目が変わる

いきなりショボい理由で申し訳ありませんが(汗)、僕は最初にこの理由で取り付けました。
(僕の改造理由ってこんなんばっかだな・・・。)

レスポールが元々カバードタイプのハムバッカーだからでしょうか。
ピックアップをダンカンのSH-4に交換したら、なんかイマイチ気に入らなかったんですよね。

ピックアップカバーを取り付けることで、当然ですが見た目の印象がガラッと変わります。
シルバーならシルバーと他のパーツと色を合わせることで統一感が出ますよね。

ピックアップ本体の保護

まぁこれは当然ちゃ当然ですが、カバーですからピックアップ本体が保護されることも期待できるでしょう。

ストロークが激しい人は、ピックアップ本体に傷がついてきます。
僕もとにかくパワーコードをかき鳴らすパンクバンドをやっていた頃は片側がすり減ったりしてました。

でも厳密に言うピックアップ本体はプラスチックのカバーの下なので、特に影響はないと思いますけどね。

ノイズが減る

前置きが長かったですが、これが本命!

ハムバッカー搭載ギターの王道であり元祖のレスポールがカバードタイプだったのは、このノイズ軽減の意味があったそうです。

カバーをアースにつなげることで、ノイズの元となる電磁波を逃がしているんですね。

音が変わる

先ほどのノイズが減るの副産物として音が変わります。
ここで逃がしているノイズには超高域の成分が含まれているので、当然ですが音にも変化があります。

カバードタイプにすると・・・

  • 角が取れる
  • 丸くなる
  • 甘くなる

なんて表現をされますが、それはまさしく超高域成分を逃がしているためだったんですね。

そのため一昔前には激しい音を求めて皆さんカバーを外す改造が流行りました。
(今はハイゲインなアンプやエフェクターがたくさんありますので、そっちの方が簡単ですが。)

この音質の変化は素人耳な僕にもわかりました。

SH-4+レクチを使っていますが、ギャンギャン暴れすぎな音だったんですが、少し落ち着いて扱いやすい音になったのを覚えています。

(単純にゲイン絞れば解決してたかもしれませんが・・・。)

そんな、ちょっと優しくなった僕のレスポールはこちらです。(笑)

ハム用ピックアップいろいろ

最後に交換用のピックアップカバーをご紹介しておきます。
サイズなど色々あるので、実際に取り付けるときにはちゃんと調べてから買ってくださいね。

SCUD ピックアップカバー ハムバッカー用 10mmピッチ ニッケル PUC-10N
SCUD ピックアップカバー ハムバッカー用 10mmピッチ ニッケル PUC-10N

こちらはいわゆる普通のタイプ。
穴の間隔が日本と海外では違うので購入時には注意!

Andoer ハムバッカーピックアップカバー ピックアップカバー ギターアクセサリー 銅製 19mm エレキギター対応【並行輸入品】
Andoer ハムバッカーピックアップカバー ピックアップカバー ギターアクセサリー 銅製 19mm エレキギター対応【並行輸入品】

こちらは丸穴じゃないタイプ。

SCUD ジャーマンシルバーピックアップカバー セミオープン ニッケル PNS4N
SCUD ジャーマンシルバーピックアップカバー セミオープン ニッケル PNS4N

こちらはセミオープンタイプ。
ココまでくると見た目の印象もかなり変わりそうです。

まとめ

カバー有りor無しだけでも色んな影響があるんですね。

耳で聞き分けられるかは別として、テスターなどで測ると確実に数値は変わるそうですから明らかに音質にも影響があるのでしょう。

ただ音色はアンプやエフェクターでも調整できるので、僕的には見た目の変化が一番大きいですけどね。(苦笑)

<スポンサーリンク>